【大阪・京都】夏の風物詩6選!花火大会、浴衣、風鈴にかき氷まで

OSAKA

KYOTO

Sightseeing

Food

その他

auFIWvWUecMmxg91660786650_1660786960

日本の夏は、四季の中で最も気温と湿度が高くなる季節。昔から、暑さを忘れて涼しく過ごすためのとっておきの色々な楽しみがあります。
そこで、“日本の夏”と聞いて誰もが思い浮かべる代表的なものをピックアップしました。あわせて、大阪・京都(阪急阪神沿線)のオススメのイベント・お店をご紹介します。 歴史的な小ネタと共に、ひんやりとした涼しさと風情を感じる日本ならではの夏に触れてみてください。

 

1.ゆかた/【大阪・梅田】梅田ゆかた祭
2.かき氷/【大阪・茨木】氷とお芋の専門店 らんらん
3.花火/【大阪・梅田】なにわ淀川花火大会
4.扇子/【京都・烏丸】京友禅体験工房 丸益西村屋
5.風鈴/【京都・嵐山】松尾大社 風鈴祈願祭
6.お祭り/【京都】祇園祭

1.ゆかた/【大阪・梅田】梅田ゆかた祭

和傘をさす浴衣女性

夏の装いと言えば、ゆかた。元々は湯上りに身につける部屋着でしたが、着物と比較して気軽に着られることもあり、今ではすっかり夏のファッションアイテムに。古典柄だけでなくモダンな柄や洋服のようなデザインのものまで種類豊富に展開されていて、帯や髪飾りとのコーディネートも楽しめます。きれいな着こなしで夏を楽しみたいですね!

01_summer_yukatamatsuri

そして、ゆかたを着て出かけたいのはやっぱり花火大会とお祭り!
7月末の2日間にわたって開催された「梅田ゆかた祭」では、夏の雰囲気を満喫できる様々なイベントで梅田の街全体が盛り上がりました。写真は地面に水を捲くことで地熱を下げて暑さを和らげる「打ち水」の様子。梅田を涼しく演出しました。

 

↓浴衣をレンタルして街歩きを楽しみたい方はぜひこちらもチェック!
【京都 東山】1日コース|レンタル着物で街歩き♡

2.かき氷/【大阪・茨木】氷とお芋の専門店 らんらん

かき氷をすくう女の子

暑い夏に食べたくなるのが、ひんやり冷たいかき氷。その歴史はとても古く、なんと平安時代にまで遡るのだとか。当時の氷は超貴重な高級品で、貴族しか口にすることができなかったそうです。近年の製氷技術の向上や冷凍庫の普及で一般的なものになり、最近では氷を削ってシロップをかけた昔ながらのシンプルなものだけでなく、氷の質感にこだわったものやパフェのようなものなど、スイーツ級に進化したかき氷が続々登場しています。
おいしさにスプーンが止まらず、思わず頬張って頭がキーンとなるのもお約束です。

02_summer_kakigori_ranran

大阪茨木にある人気店、氷とお芋の専門店「らんらん」の夏季限定のかき氷は、ふわふわの氷の口どけとバリエーション豊富なフレーバー&豪華なトッピングが大人気!厳選したサツマイモを使ったかき氷は他にはない濃厚な味が楽しめます。

 

大阪・京都・神戸にはその他にも美味しいかき氷屋さんがたくさんあります!
気になる方はこちらもチェック!

【2022年最新】関西の“ふわふわ”かき氷おすすめ8選!インスタ映え間違いなし!

LOCATION INFORMATION

住所

大阪府茨木市真砂1-7-25

Access

阪急京都線南茨木駅より徒歩15分

3.花火/【大阪・梅田】なにわ淀川花火大会

03_summer_fireworks

ドーンと大きな音を立てて夜空が華やかに彩られるダイナミックな打ち上げ花火は、日本の夏を全身で感じられる楽しみの一つ。現在のような花火は14世紀後半にイタリア・フィレンツェで始まり、日本では江戸時代に入って鑑賞されるようになったと言われています。

03_summer_yodogawahanabi

関西で開催される花火大会の中でも最大級の規模を誇る「なにわ淀川花火大会」は、まさに水都・大阪の夏の風物詩。次々に打ち上げられる花火が夜空を明るく彩り、川の水面が光輝きます。色とりどりの花がパーっと夜空に咲いて溶け込むように消えていくその様は、美しさと共にはかなさも感じられます。心地よい夜風に吹かれて、ゆかたを着てかき氷を食べながら鑑賞できれば最高ですね!

4.扇子/【京都・烏丸】京友禅体験工房 丸益西村屋

04_summer_sensu

暑い時期に涼をとるために古くから用いられてきた扇子は、コンパクトに折りたためて持ち運べる、エコで便利なアイテム。歴史のある伝統工芸品で、古典芸能や茶道などに欠かせない道具であり、日本文化を象徴する存在とも言えます。扇面や骨、持ち手部分の素材は様々で、絵柄や細工部分のデザインに趣向が凝らしてあるものなど種類豊富。外出先でパッと取り出して扇いで涼感を得られるだけでなく、手軽でおしゃれなファッション小物としてもおすすめです。“末広がり”の形状から、めでたく縁起が良いものとされているのもポイント。

04_summer_nishimuraya

お土産として扇子を購入するのもいいですが、自分で作ってみてはいかがですか?京友禅体験工房 丸益西村屋では、風情あふれる京町家のお店で気軽に京友禅を体験することができます。京都の伝統的な技法「京友禅染」で作る京扇子は、京都旅行の思い出に最適です。扇子以外にもいろんな体験メニューがあります。

 

その他にも京都は手作り体験ができるお店がたくさんあります!
気になる方はぜひこちらもチェック!

【京都】1日コース|友禅染・梅酒・和菓子手作り体験を満喫!

LOCATION INFORMATION

住所

京都中京区小川通り大池南入る

Access

阪急京都線烏丸駅より京都市営地下鉄「烏丸御池」駅下車、徒歩7分

5.風鈴/【京都・嵐山】松尾大社 風鈴祈願祭

05_summer_furin

家の軒先で風に揺れて音を奏でる風鈴。暑さを和らげて涼しさをもたらす、夏ならではのアイテムです。“鈴”は古来より神事にも用いられ、その音色は神様を慰め、人々の罪やけがれを拭い清めると伝えられてきました。

05_summer_matsuotaisha

京都・嵐山の古刹・松尾大社では毎年夏に約600個もの風鈴を境内に吊るし、災いを取り除いて福を願う「風鈴祈願」が行われます。チリンチリン~♪と美しい音色が重なり合って生み出されるハーモニーは、とても心地よく涼やか。身近に触れることが少なくなった今、これだけ多くの風鈴の音色を楽しめるのはとても貴重です。授与所では風鈴に付ける短冊が用意されていて(短冊祈願料500円)願いをしたためて納めた短冊は風鈴に付けて供えてもらえますよ。

LOCATION INFORMATION

住所

京都府京都西京区嵐山町3

Access

阪急嵐山線松尾大社駅下車すぐ

6.お祭り/【京都】祇園祭

祭りの法被を着た少年とお御輿

夏と言えばお祭り…というイメージが定着しているのは、伝統的なものから新しいものまで日本のお祭りの多くが夏に開催されていることに起因しているようです。日本中のあちこちでお祭りが開催されます。お祭りとともに楽しめるのが出店。食べ物の屋台や、金魚すくい、ヨーヨー釣りなど、お祭りの雰囲気が盛り上がります。

06_summer_gionmatsuri

日本のお祭りの代表格「祇園祭」は、神疫病退散・災厄除去を祈って1,150年以上も前に始まった神事で、日本三大祭りの一つ。毎年7月になるとコンチキチンと祇園囃子が流れ出し、1カ月にわたって様々な行事が開催されます。最大の見どころは、豪華絢爛な装飾を施した鉾が街中を練り歩く「山鉾行事」。ユネスコ無形文化遺産に登録されている祭事です。そのほか、日が暮れて明かりが灯る山や鉾を鑑賞する「宵山」も必見。そして…お祭りの楽しみ、綿菓子やリンゴ飴などの屋台グルメもチェックしてくださいね。

 

日本の風物詩をご紹介しました。
ゆかたを着て扇子片手にお祭りや花火大会を楽しむのもよし!風鈴の音色を聞きながらかき氷を食べて涼を感じるのもよし!日本ならではの夏をお楽しみください。

share

Back to list

CATEGORIES

Sightseeing Food Shopping Hotel

SPOTS

OSAKA 大阪 大阪 오사카 โอซาก้า KYOTO 京都 京都 교토 เกียวโต KOBE 神户 神戶 고베 โกเบ ALL 所有 京阪神 전체 ทั้งหมด

本ウェブサイトでは、アクセス履歴に基づく統計・集計等の目的で、クッキー、タグ等の技術を使用致します。 「同意する」ボタンや当サイトをクリックすることで、上記の目的のためにクッキーを使用すること、また、ユーザー様のデータを提携先や委託先と共有することに同意いただいたものとみなします。より詳しい情報は、「プライバシーポリシー」に記載しております。

承認